不動産取得までの手続

不動産の買い付け証明

トップ

不動産取得後の買付証明書の役割

不動産取得後の買付証明書の役割は、土地名義の行政手続を行政書士に依頼する場合に必要です。また住宅ローンを借りている場合は、借り先の銀行や公庫からすでに借入していますので、買い付け証明書を提出して、取得したことを確認してもらいます。この買い付け証明書、名義変更によって得た不動産名義人書類は今後、もしそれを担保にお金を借りる場合は、新たに別の土地を取得しようとする場合に必要となりますので、重要書類として保管しておく必要があります。ただし行政機関で再発行可能ですので、金庫を購入するなどの方法は無用です。

買付証明書は買い意志の表明

不動産を探しているとき自分の希望に合う物件が見つかると仲介業者は「買付証明書を出しましょう」とよく言います。これは対象の物件を買う意志があることを表明する文書です。書く内容は、対象物件の所在地・面積等物件を特定できる事項、買いたい金額、支払い条件、買うにあたっての条件がある場合はその条件(上物を撤去後引渡しなど)、そしてもちろん自分の住所氏名です。あて先はたいていは売主ですが、売主側の仲介をしている業者の場合もあります。買付証明書はあくまで不動産を買いたいという希望の表明ですから、価格等売主の希望をすべて満たしているからといって申し込み順位1位で商談が進むわけではありません。

© Copyright 不動産の買い付け証明. All rights reserved.